血液をサラサラにするタマネギドレッシング

玉ねぎには、血液をサラサラにする効果があります。
玉ねぎの辛み成分には、硫化アリルと呼ばれる栄養成分が含まれています。

硫化アリルには、消化液の分泌を促したりコレステロールを低下させる働
きがあります。

血管内の血栓を溶かす役割を行ったりします。血流や新陳代謝も良くする
ので、内臓脂肪も燃焼させる事ができます。

新玉ねぎには、グルコキニンやケルセチンと呼ばれる成分が含まれており、
グルコキニンは血糖値を下げる作用があり、ケルセチンには、血圧を
下げる効果があります。

抗酸化作用もあるので体内の老化を防ぐ事が出来ます。

硫化アリルは、熱に弱く熱を通してしまうと成分が少なくなってしまいま
すので、出来るだけ生で食す事が適していますので、タマネギドレッシング
にする事で効果的に硫化アリルを摂取する事ができますので、血液をサラ
サラにする事ができます。

新玉ねぎの時期に作る事で、硫化アリルだけでは無く他の成分も効果的に
摂取できるのでタマネギドレッシングを作るのは新玉ねぎが出始めた時期
に作るのが向いています。

作る時には、できるだけ長時間水にさらさないように気をつけます。
切り方も、タマネギの繊維方向とは反対側から切る事で、細胞が壊れ血液
サラサラ効果のある硫化アリルが染み出し易くなりますので、ドレッシング
にしても血液サラサラ効果が高くなります。

タマネギをスライスして瓶などに入れて行き、砂糖やお酢やサラダオイルを
瓶に入れて行きます。

瓶に蓋をして冷蔵庫で保存します。1日ぐらい経てば食べる事が出来る様に
なっています。

野菜などに掛けるドレッシングとしてだけでは無く、お肉を焼いた時等には、
ソースとして使用する事で、気軽に健康効果の高いタマネギを気軽に摂取す
る事ができます。タマネギ独特の臭みも無くなっているので、苦手な人でも
食べ易くなっています。

新玉ねぎの時期には、出来るだけ生で食べるようにする事で健康効果も高く
なり、血液も綺麗にする事ができます。