血液をサラサラにする食べ物とは

血液をサラサラにする食べ物は、青魚や野菜です。

また発酵食品も体に良いために役に立ってくれます。
血液をサラサラにするためには、血液中の糖や脂質の量を減らす必要が
あります。

そのためにはまずどのような物を食べることが大切かを知っておかなけ
ればなりません。

血液中の糖や脂質の量を減らすためには、まず内臓の機能を改善する必要
があります。

特に肝臓は糖と脂質を代謝してエネルギーに変える働きがある臓器です。
そのため最初に肝臓の働きを良くする栄養素を含んだ食品を食べる必要が
あります。

肝臓の働きを良くする栄養はミネラルです。中でも亜鉛が重要な働きを
してくれます。

亜鉛を摂取することで、肝臓の働きを良くしてくれるのです。
そのため血液の流れを良くするためには、まず亜鉛が多く含まれている物を
食べるようにしましょう。

亜鉛を多く含んでいる食べ物は、卵です。毎日の食事において、
卵を食べるようにしましょう。卵を食べるとコレステロールが気になると
いう方がいますが、

一日において一個や二個食べたぐらいでは、コレステロールが上る心配は
ありません。

その理由は、卵にはレシチンと呼ばれる成分があり、このレシチンが
コレステロールを下げてくれる働きがあるからです。

そのため余程食べ過ぎない限りでは、コレステロールの値を心配する必要
はありません。

青魚を食べることも効果的です。青魚にはDHAやEPAと呼ばれる不飽和脂肪酸
が多く含まれています。

これらの脂肪酸は、血中の脂質の量を減らしてくれる働きがあるのです。
そのため血液の流れを良くすることに役立ってくれます。

またさらに血中の血栓を溶かしてくれる効果もあります。そのため心筋梗塞
や脳梗塞などといった病気を防いでくれるのです。

青魚の中でも特にイワシやサバが多く不飽和脂肪酸を含んでいます。
そのため毎日の食卓において、イワシやサバを食べるようにすることで、
血液の流れをサラサラにすることに役立ってくれます。