血液をサラサラにする納豆の食べ方

納豆を食べて血液をサラサラにするためには、含まれている独自の成分を
無駄にしないようにした食べ方をしなければなりません。

含まれている体に有効な成分は熱に弱いために、出来る限り加熱しないよう
にして食べるようにします。

美味しく食べるためには、よくかき混ぜることが大切です。
その時には刻みネギやノリなどを一緒に混ぜることにより、
血液の流れを良くしてくれる成分を同時に摂取することが出来ます。

ネギにはアリシンと呼ばれる成分が含まれています。
アリシンには血行を良くしてくれる働きがあります。そのためネギを同時に
摂取することで、相乗効果で血液の流れを良くしてくれるのです。

またキムチを入れて混ぜることもおすすめします。
キムチも同じ発酵食品であり、相性が良いのです。
血液の流れを良くするためには、発酵食品をたくさん食べることが大切です。

発酵食品には腸内環境を整えてくれる働きがあるからです。
発酵食品は腸内の善玉菌を増やしてくれる働きがあるので、血液をサラサラに
してくれることに効果があるのです。
キムチにはビタミンやミネラルが多く含まれています。

これが血中の流れを良くしてくれることに効果を発揮してくれるのです。
そのため一緒に食べることで、より多くのビタミンやミネラルを摂取することが
出来るのです。

特にビタミンは熱に弱いために、加熱してしまうとほとんどの栄養素が無くなって
しまいます。

そのため出来る限り加熱をしないで食べることが大切出なのです。

加熱しないで食べるとき相性が良いのが、このキムチなのです。
一度にたくさんの栄養素を加熱しないで摂取することが出来るので、
有効成分を余さず体の中に取り入れることが出来るのです。

血液をサラサラにするために納豆を食べる場合には、このように出来る限り
加熱をしないで食べることが大切です。

特に血液のをサラサラにしてくれる成分である、ナットウキナーゼは熱に弱い
ために、加熱をしてしまうと効果を失ってしまうのです。