血液をサラサラにする薬の種類と効果と副作用

血液をサラサラにすることで血栓をできにくくして、脳梗塞や
心筋梗塞といった命にかかわる病気を防いでくれます。

この血液をサラサラにする薬はいくつかあり、ここではその薬の
効果と副作用を紹介していきます。

体表的なものは、まず血液を止めようとする血小板の作用を抑制
してくれるバイアスピリンやバファリン81、パナルジン、プレタ
ールなどがあります。

そして血液が固まろうとする働きである血液凝固因子を防いでく
れるものには、ワーファリンやプラザキサ、リクシアナ、イグザ
レルトなどがあります。

これらのものには血液の流れを良くするのに効果があるので、
行き届いていなかった栄養や酸素を体の隅々まで行き届かせてく
れます。

また血栓を溶かしてくれますので、血液が行き渡らなくなり細胞が
壊死してしまう病気を予防する効果があります。

これらにはもちろん副作用があり、血をサラサラにする効果がある
ので、服用していると出血をした際には血が止まらなくなってしま
ったりしてしまいます。

ですので歯磨きをした際に歯茎から出血がしやすくなったり、アザ
ができやすくなったりもします。

このように歯茎や鼻血が止まらなくなったり、その他には黒い便が
続くこともありますので、このような症状が出た場合には医師など
に相談をするようにしてください。

また手術を受ける際や胃カメラ、大腸の検査を受ける際には服用を
止める必要がありますので注意してください。

またどれを服用しているかによって止めなくてはいけない期間が違い
ますので、必ず医師に相談をしてください。

どの種類を服用しているかによっては、食事にも注意を払う必要が
あります。

これは納豆などの血液をサラサラにする効果のある食材を食べると
良くないと思われている方もいらっしゃいますがそうではありません。

そして、これは全てのものではなくワーファリンのみが納豆など、
ビタミンKが含まれている食材と相性が悪いのです。

その理由はワーファリンにはビタミンKの働きを抑制することで血を
固まりにくくするものですが、ビタミンKが含まれている食材は、
その効果を弱めてしまうのです。