血液がドロドロになることにより重大な病気になる

血液をサラサラとは、血液がとても流動的に流れていることであり、
まさに健康であることの第一条件にもなっています。

では反対に血液がドロドロとして流れが悪くなる原因は、血液中の
総コレステロールが多くなることが挙げられます。

総コレステロールが多くなってしまう原因はたくさんありますが、
血糖値が高いことや、活性酸素が多く、体の脂質を酸化させてしまったり、
代謝の低下により、老廃物がスムーズに排出されなくなってしまうことも
挙げられます。

しかし血液がドロドロになることにより最も気をつけなければならないのは、
動脈硬化、心筋梗塞、狭心症、、脳梗塞など死に至る病気です。

動脈硬化は血中のコレステロールや脂質が血管に血栓を作ってしまい、
流れがせき止められてしまうことであり、これにより生活習慣病なども
引き起こされる原因になってしまいます。

そして心臓に動脈硬化が起きてしまうと、心筋梗塞や狭心症なども引き起こし、
心筋梗塞ではより死に至る可能性が高くなってしまいます。

脳に動脈硬化が起きると、脳梗塞を引き起こし、麻痺や言語障害が残る場合や、
死に至る場合もあります。

そこで血液をサラサラにするためには、食事面に気をつけることが大切です。
脂肪は体の中で大変重要な役割を果たしていますが、過剰に摂取してしまうこと
により血液中に流れてしまい、血中脂質が多くなり高脂血症になってしまうこと
もあります。

まず糖分を減らし、肉よりも魚を摂る事を心がけて魚に含まれるDHAを摂取し
善玉コレステロールを増やすことが大切です。

そして全体の摂取カロリーを減らしたり、血液をサラサラにしてくれる代表的な野菜
のねぎ類を意識して摂ることも効果的と言われています。

食事面を見直すと共に、日頃の運動不足の方は運動をすることもとても大切です。
特に有酸素運動は効果的で、ウォーキングやスイミングやサイクリングなどを続け、
水分補給も忘れずにすることでより効果が得られます。

血液をサラサラにするには食べ物よりもサプリメントがお勧めです。